お菓子の話

エーグルドゥースのマカロン


先日、久しぶりに目白にあるエーグルドゥースに行ってきました。

モンブラン目当てに行ったのですが、モンブランについてはこちらに書かせていただきました。

いくつかケーキを選んだあと、そういえば…
と思い出したのがマカロンです。

実は、何度かこちらのマカロンを食べているのですが、食べるたびに
「これがマカロンなの?」
と不思議な気持ちになるのです。

最近、マカロンの試作を大量にしていたので、食べてみたくなりました。

見た目

表面はゴツゴツしていて、皮膜がしっかりしているように見えます。

大きさ

かなり大き目です。測るのを忘れてしまいましたが、直径5㎝くらいありそうでした。

食感

撮影するため、ナイフを入れたところ、ちょっとやそっとでは切れません(笑)
それくらい表面の被膜が固いのです。

皮膜だけかと思いきや、食べすすめるにしたがって、今度はガリガリと音を立てます。
内側まで固いのです。

ひょっとして、これはマカロン・パリジャンではなく、マカロンドゥナンシー?
と急に別の地方菓子が頭をよぎってしまったほどです。

固いなーと思って飲み込もうとした瞬間、固かった生地がクリームと溶け合って儚く消えていきます。

これは他のマカロンでは味わえない感覚です。

ボリューム感


存在感のある大きさに、個性的なコックの食感と、たっぷりのクリーム。
小さなケーキ1個分を食べたような、ボリューム感でした。

マカロン・フランボワーズ

今回食べたのは、マカロン・フランボワーズ一種類です。

コック

コック(マカロン生地)はゴツゴツしたタイプで、くすんだピンクがとても魅力的な色をしています。
色素のほかに、フランボワーズパウダーが入っているような気がしました。

そして特徴的なのは、「マカロン・フランボワーズ」と名付けられながら、紅茶の茶葉も入っているのです。
そんなところに、エーグルドゥースらしさを感じました。

クリーム

フランボワーズのバタークリームがたっぷり挟まれていました。
興味本位で、冷蔵庫から出したてのマカロンをクリームの部分だけを食べたら、ややざらつきを感じたのですが、コックと一緒にのどを通る瞬間のくちどけは抜群でした。

個性

外側の被膜は薄くさっくりとしていて、かむとねっちりとした一般的なマカロンとは別物の、
エーグルドゥースのマカロン。

相変わらず、とっても個性的でしたが、印象に残るマカロンです。

食べる回数を追うごとに興味がふくらみます。