レッスンブログ

【動画あり】紅茶のケーキ


涼しくなると、焼き菓子が作りたくなりますね。

今日は紅茶のケーキを作ってみました。

紅茶の香りを移すには?

紅茶の香りをケーキに移すには、①紅茶液を抽出して加える方法と、②茶葉を直接生地に振り入れる方法、そして③両方を合わせた方法などがあります。

抽出する方法にも、水で抽出するのか、牛乳で抽出するのか、生クリームで抽出するのかによって味も生地の質感も変わります。

全て試しましたが、一番手軽で紅茶の香りがしっかり残るのは、茶葉を直接生地に振り入れる方法ではないかと思います。

今回はそちらの方法で紹介します。

オイルケーキのメリット

私がオイルでケーキを作り始めたころ、「バターじゃないの?」とか「油っぽくならない?」とか、驚かれるのと同時に様々な意見を周りから言われたものです。

そのたびにお答えしてきたのは、「バターじゃないからこそ、素材の味や風味がしっかり感じられるんです。」ということでした。

リッチで風味豊かなバターを使うと、お菓子がおいしくなるのはもちろんですが、時に、その風味が強すぎて、繊細な味や香りが感じられにくくなるように思います。

一方、オイルはそれ自体に味や香りがありませんので、お茶ならお茶の、フルーツならフルーツの香りがしっかり引き出されるのです。

それを知ってから、オイルのお菓子の良さをもっと追求したい、という気持ちが深まりました。

油っぽくならない方法

オイルはバターに比べると、なじみにくい、というのは本当だと思います。

バターの成分には天然の乳化剤のようなものが含まれているので、生地とのなじみがよいのです。

一方、オイルはと言えば、「水と油」と言われるように、生地を作る他の材料となじみにくいので、とにかくよくよく混ぜるのが大切です。

ここを間違えると「オイルのケーキは油っぽい!」と言われてしまいます。

ですので、今日ご紹介するケーキもよくよく混ぜるのが大事です。

動画をご覧いただくと、混ぜて混ぜて混ぜきっているのがお判りになるかと思います。

食べた感想

こちらの生地、大変気に入りました。

焼き上がった直後はふんわり、半日ほどおくと今度はしっとりとしてきます。
いずれの場合もとても軽い食感で、紅茶によく合います。

これからの季節にぜひ作っていただきたいお菓子です。

動画

PDFレシピのお申し込み
材料と作り方はこちらに詳しく書かれています。